スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドビュッシー 海

演奏:シャルル・デュトワ指揮 モントリオール交響楽団 
曲目:『海 - 管弦楽のための3つの交響的素描』(仏: La Mer, trois esquisses symphoniques pour orchestre )
作曲:クロード・ドビュッシー Claude Debussy (1862-1918)

1905年作曲。1905年10月15日、カミーユ・シュヴィヤール指揮のコンセール・ラムルー管弦楽団によって初演。海の情景を表した標題音楽であり、交響詩『海』とも呼ばれる。ドビュッシーの最高傑作の1つであるばかりでなく、印象主義音楽を代表する作品であり、20世紀音楽、近代音楽史上最も重要な作品の1つである。1905年に出版されたスコアの表紙には、葛飾北斎の有名な浮世絵である冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」が使用された。これはドビュッシーの、あるいは当時のパリの東洋趣味を象徴するものとしてよく知られている。
初演では評価は賛否両論だったが、3年後の作曲者による再演で評価が高まった。3つの部分で構成される。

1. 「海の夜明けから真昼まで」 (De l'aube à midi sur la mer)
2. 「波の戯れ」 (Jeux de vagues)
3. 「風と海の対話」 (Dialogue du vent et de la mer)

この曲の名盤はこのデュトワの演奏。録音が優れているのも美点。


christomacin さんが 2012/05/08 に公開 ①

無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。  
[ 2012/05/19 17:26 ] ドビュッシー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://classicmm.blog79.fc2.com/tb.php/483-d1d733a7







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。