スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブルックナー 交響曲 第1番 ハ短調

演奏:ベルナルト・ハイティンク指揮 バイエルン放送交響楽団 Bernard Haitink
Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks
曲目:交響曲第1番 ハ短調 WAB 101 Symphony No. 1 in C minor, WAB 101
作曲:アントン・ブルックナー - Anton Bruckner (1824-1896)

1866年に最初の稿が完成。1893年、「初版(ウィーン稿)」が出版。「第1番」という番号だが、実際には、この前に、習作の「交響曲ヘ短調」が作曲されている。なお、「交響曲第0番」と呼ばれる作品は、「第1番」よりもあとの作曲。「リンツ稿」、「ウィーン稿」の稿の違いがある。ウィーン稿が約50分、リンツ稿は約48分かかる。

第1楽章 Allegro(アレグロ)
第2楽章 Adagio(アダージョ)
第3楽章 Scherzo. Schnell(スケルツォ。急速に。)
第4楽章 Finale. Bewegt feurig(終曲。快速に、火のように。)

CDはヨッフム、カラヤン、ハイティンク、スクロヴァチェフスキなど。

1974年 ミュンヘン München, 1974

magischmeisjeorkest さんが 2011/11/04 にアップロード①

無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。  
[ 2012/06/09 17:01 ] ブルックナー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://classicmm.blog79.fc2.com/tb.php/487-f69af3d5







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。