スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハイドン 交響曲第103番 変ホ長調 「太鼓連打」 Hob.I:103

演奏:マルク・ミンコフスキ指揮 ルーブル宮音楽隊 Marc Minkowski Les Musiciens du Louvre. Grenoble
曲目:交響曲第103番 変ホ長調 「太鼓連打」 Hob.I:103 Symphony No. 103 in E flat major, Hob.I:103, "Drumroll"
作曲:フランツ・ヨーゼフ・ハイドン - Franz Joseph Haydn (1732-1809)
無料楽譜:http://imslp.org/wiki/Symphony_Hob.I:103,_E_flat_major_%28Haydn,_Joseph%29

1795年作曲。1795年3月2日、王立劇場にて初演。ハイドンの交響曲のうちでも人気のある曲の1つ。名前は当時としては珍しく、第1楽章がティンパニ連打のソロで始まるため。ただ、太鼓の連打があるのは第1楽章の冒頭とコーダの始めの所の2ヶ所のみで、名前ほど「太鼓連打」では…。

I. Adagio - Allegro con spirito
II. Andante piu tosto - Allegretto
III. Menuet
IV. Finale: Allegro con spirito

名盤は、ノリントン、ブリュッヘンなど古楽系と、モダンではカラヤン/ウィーン・フィル、バーンスタイン/ニューヨーク・フィルなど。


HaydnHouse さんが 2012/03/18 に公開 :映像つき


無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。  
[ 2012/07/04 21:33 ] ハイドン | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://classicmm.blog79.fc2.com/tb.php/495-b76631c2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。