スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サン=サーンス ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op. 22

演奏:アルトゥール・ルービンシュタイン(ピアノ) アンドレ・プレヴィン指揮 ロンドン交響楽団 
Pianist: Arthur Rubinstein London Symphony Orchestra-André Previn
曲目:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op. 22(作品22) Piano Concerto No. 2 in G minor, Op. 22
作曲:カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saens (1835-1921)
無料楽譜:http://imslp.org/wiki/Piano_Concerto_No.2_%28Saint-Sa%C3%ABns,_Camille%29

1868年作曲。1868年出版。A Madame A. de Villers née de Haberに献呈。1868年作曲者自身のピアノ、アントン・ルビンシテインの指揮によってパリで初演。
ルビンシテインとの演奏会のために時間に追われながらわずか17日間で作曲され、そのうえ練習や準備もできずに本番に臨んだという逸話がある。にもかかわらず、演奏会は好評を博し、そして、サン=サーンス初期の代表作というだけでなく、彼の全ピアノ作品の中でも傑作のひとつとして今日では数えられる。サン=サーンスのピアノ協奏曲の中では最も人気が高い作品。

I. Andante sostenuto ト短調、4分の4拍子。ソナタ形式
II. Allegro scherzando 変ホ長調、6分の8拍子。ソナタ形式
III. Presto ト短調、2分の2拍子。ソナタ形式

名盤としてはここでも演奏しているルービンシュタインでしょうか。録音じたいはやはりフランス系演奏家が多いでしょうか?




pianoconc2 さんが 2011/11/08 にアップロード ①映像つき

無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。  
[ 2012/09/05 21:32 ] サン=サーンス | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://classicmm.blog79.fc2.com/tb.php/554-a58cf0e6







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。