スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァレリー・アファナシエフ

ヴァレリー・アファナシエフ(Valery Afanassiev、1947年9月8日 - )はロシアのピアニスト。

モスクワ音楽院にてエミール・ギレリスとヤコフ・ザークにピアノを師事。1969年にライプツィヒ・バッハ国際コンクール、1972年にブリュッセルで行われたエリザベト王妃国際コンクールにおいて優勝。

1974年にベルギーに亡命。ベルギー国籍を取得。以後西側で活躍。現在フランス在住。

非常に遅いテンポを取った独特の演奏で有名。また、音楽活動のかたわらフランス語で詩作や小説の執筆にも取り組んだり、指揮活動にも乗り出すなど、クラシック音楽界の鬼才と言われる。ギドン・クレーメルの室内楽演奏のパートナーとしても有名。ブラームスのヴァイオリン・ソナタでの共演盤は遅いテンポのために普通は全3曲が1枚に収まるのが普通なのに、2曲しかCDに収まらないという珍現象も起こした。

CD録音では日本のDENONに多くを録音。シューベルトやブラームスの後期などを録音。1992年の「ブラームス後期ピアノ作品集」は、1992年レコード・アカデミー賞器楽曲部門を受賞。ドイツ・グラモフォンにも録音。

オーケストラが言うことをきかないということで、指揮活動からは撤退したのも彼らしい?

著作に「音楽と文学の間~ドッペルゲンガーの鏡像」。



無料楽譜を探すなら無料楽譜サイトIMSLPへ。英語ですが、本サイトにある英語表記をお役立てください。  

[ 2012/09/07 21:39 ] ピアニスト | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。